荷造りの日数を知る

作業員

一人で全部を行う

一人暮らしを始める際に、引っ越しの準備でかかる日にちは平均約5日と言われています。意外と短いのでは?と感じる方も多いかもしれませんが、一人でやらなければならないと考えると結構な肉体労働になります。仕事をしていれば、その合間をぬって準備をしなければならないので、さらに大変に感じるでしょう。今では引っ越し業者でも、安い料金で荷造りまで行うサービスがあるので利用してみるのも良いですね。

人数が多い分の荷物も増える

家族連れの引っ越しとなると、平均して3人世帯の家族が多いと思います。その時に必要な引っ越しの準備にかかる日にちは、約8日と言われています。子供がいれば、おもちゃや毎日の着る洋服も余分に取っておかなければならないので大変時間がかかる可能性があります。そのため、少しでも不要なものはこの際に処分することが大切です。

やることを決めておこう

何かとやることが多い引越しは、手続きや準備など細々したことが沢山存在します。そんな中で、必ずやらなければいけないものを忘れてしまうと大変ですよね。それを防ぐ為にも、段取りを決めておくとスムーズに作業が出来ます。

段取りを決める

最重要な荷造りは早めに行う

引越しの予定日に余裕を持って決めておいたにせよ、予定日が決まったならば早めに荷造りをスタートさせておくことが必要です。何故なら毎日の生活に追われているうちに、あっという間に当日になってしまうからです。引越し当日に焦らない為にも、余裕を持った計画で荷造りをしていきましょう。

やることリストは必需品

実際に引越しを行うと、知らない環境にも不慣れな点が出るため、やらなければいけないことが忘れがちになります。それを防ぐ為にも、やることリストに書いてまとめておくと整理されて忘れるミスを防ぐことが出来るので作っておきましょう。

挨拶まわりを忘れずに

お世話になった近所の方への挨拶まわりは、最低でも引越しの前日までに終わらせておくことがベストです。当日は慌ててしまい、挨拶出来ずに引越ししてしまう場合があるからです。新しい家に引越しが完了して、落ち着いたら近所に挨拶まわりに必ず行きましょう。

最優先でチェックすべきもの

引越しが完了して、荷解きの時間になると思います。その際にはまず、割れ物や家電などが壊れていないか確認をすることが大切です。引越し業者の補償には期限があるので、最初で確認が必要となるのです。

新着情報

広告募集中